ラズベリー、再挑戦

以前 鉢植えのラズベリーに実がなって

ラズベリー・コーディアルを作って うれしかったのに

ラズベリーの木は枯れてしまいました。残念!

実がなると その枝は枯れるとありましたが

全体が枯れるとは。。。

今年も再チャレンジ。

トゲのない グレン・モイを

西日の当たらない 少し日陰になる メダカの鉢の横に植えました。

今年も 花が咲いて 淡いグリーンの実がなり始めたころ、

園芸店の育て方のページで

ラズベリー:幼木でも開花、結実するが 

しっかり木を成長させてから 収穫することをおすすめ。

植えてから2~3年後に収穫。

とありました。

そういうことだったのね。

あわてて 実を全部カットしました。

間に合ったかしら?

いまのところ 元気に育っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ 1年ぶりです。

塩糀のブログから 1年近く。

塩糀も すっかり普通の調味料になりました。

蕪の漬物の 塩を 塩糀に替えると

と~~ても 美味しく、この冬 重宝しました。

*

いろいろ 書き残しておきたいことがあります。

忘れないうちに書いて ブログで公表することで

同じ立場の方の 何かのお役に立てるのではないかと思います。

でも、もう少し お時間をくださいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩糀いろいろ

4月になりました。

2か月もブログを放置してしまいました。sweat01

この間に 糀ブームは 造り酒屋さん、味噌店、糀屋さんなど

作り手の側にあっという間に広まり、

品薄だった糀も スーパーや産直でたくさんのメーカーのものが

手に入るようになりましたね。

120311_0117271


nego先生のレッスンの塩糀も使い切って

今は自宅で復習した塩糀です。

私は鶏ハム、卵焼き、肉の下味(タジン)に使うことが多いです。

これからは 気温も上がってきたので

今度からは 塩糀の完成の時間も早くなるかもしれませんね。

気温と 完成までの日数を記録するのを忘れないようにしなくてはと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩糀

新年のご挨拶から あっという間に1カ月。

月1ブログ化しています。(^-^;

さて、年末に仕込んだ 塩糀 無事にできたようです。

本にあったレシピを ちょこっと試しました。

ちょっと 好きでないかも・・・と思うものもありますが

卵焼きは 美味しいです。

卵2個に塩糀小さじ1の割合で レシピはこれだけ。

今日は タジンの肉の仕込みにflair塩糀を使いました。

まろやかな塩味で 美味。合格!です。

豚肉や鶏肉に塩をして 冷蔵庫で一晩寝かせるときは

これからは塩糀を使ってみることにします。

タンパク質との相性がいいようです。

*

久しぶりに行った近所のスーパーに

塩糀、売っていました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯛のハーブロースト

新年おめでとうございます。

大みそかの日に突然!実家の依頼で

鯛を焼くことになりました。

せっかくの 立派な鯛。

いただいたのに 高齢者の母には 負担だったようです。

なので お正月用に ちょっと 見た目豪華を狙って

白身魚のハーブローストに挑戦。

レシピは うちのオーブンレンジのレシピです。

(東芝・石窯オーブン)

*

まず 魚のウロコと 内臓を取り除き下処理

(これは 魚屋さんにお願いしました。)

洗って 水気を拭き取り 塩コショウ。

一緒に焼く ペコロス(ミニ玉ねぎ)、ジャガイモ、

マッシュルーム、さつまいも、パプリカを用意。

ジャガイモとサツマイモは8つ割りにカット、皮をむきます。

ハーブは 屋上のフレッシュのタイム 5本に

葉っぱの形の残ってるドライハーブのセージ。

タイムは枝をもってさかさまにしごくと 葉っぱが するっと取れます。

セージは みじん切り。

にんにく3片は薄切り。

ローリエ 6枚。

タイム、セージ、ローリエ、にんにくの1/3量を

鯛のお腹に詰めます。

*

オーブンの角皿に オーブンペーパを敷き

オリーブオイルを たっぷり塗り

残りのにんにく・ハーブの半分(全体の1/3)を散らす。

ここに魚をのせ 魚の上に残りのにんにく・ハーブを散らす。

魚に 白ワイン 大さじ2をかける。

角皿のあいたところに 野菜を置き

オリーブオイル 50mlくらい まわしかける。

このとき ペコリスのような厚みのある野菜を奥にいれる。

*

角皿を下段に入れ

オーブン 余熱なし 300度で 45分。

時間は オーブンによってかわるので注意

オリジナルのレシピでは35分~40分でした。

Photo

*

レシピでは フレッシュトマトソースを添えていましたが

そこは簡単に キューピーの具のソース ポン酢風味大根おろしで。

とても 美味しくいただきました。

ついつい 鍋が多くなりがちな季節ですが

オーブン料理も もっと作ろうと思いました。

*

いただきもののお魚は もうひとつ あこうもあったので

こちらは 煮付けに。

ショウガとごぼうを一緒に、

それと 生臭さをとるため 魚に 白梅酢をふり

煮汁にも少し加えました。

*

鯛は 大きかったので 半分 うちにもいただきましたが

煮付けはそのまま実家へ。

だんだん 実家の母が 料理が苦手になっているのを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩こうじ

塩こうじが ブームになっているようで

本を購入、仕込みをしました。

まだ 仕込みの段階で 使えるのは来年になってからです。

参考にした本は

「魔法の糀レシピ」 糀屋本店 浅利 妙峰著

    講談社 1260円

いろいろな塩糀本がありましたが 

レシピが シンプルで 毎日の食卓に使いやすいと思います。

*

スーパーで 乾燥こうじを買ってきて

まず 蓋つきの容器に 塊をポロポロにほぐして 分量の湯ざまし(60℃)を加えて

一晩 おいて 戻します。

こうじの入っていた袋に 戻し方が書いてあります。

本では 同量の水とありますが

袋の戻し方レシピを採用。

それからは 本のレシピどおりに仕込みます。

検索すれば 作り方はわかりますが

乾燥糀 200g

塩   70g

水   250cc

戻した糀を ボウルの中で また パラパラに。

塩を加えて よ~~~く こねる。

しっとりするまで、だそうで

テレビをみながら 5分以上もんでみました。

ここに水を加えて さらに両手でこすり合わせるようにして

混ぜ

容器に入れて 仕込み完了。

常温で 1週間~10日

毎日1回 底から良く混ぜて 出来上がり。

蓋は ゆるく閉めておくそうです。

できたら 冷蔵庫で保存。

完成が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モッコウバラの剪定

久しぶりの投稿です。

今日のお題は お料理レシピでなくって 庭木の手入れ。

これも 来年になったら忘れそうなので アップします。

屋上の庭で 毎年春に黄色の花をたくさん咲かせてくれる

モッコウバラ。

枝が伸びて ぐちゃぐちゃになっていました。

調べると ちゃんと冬剪定が必要でした。

どうりで。

*

冬剪定は12月から1月の間。

剪定が必要なのは 植えてから3年以上経過したもの。

古枝、枯れ枝、細枝、未熟枝を切り捨てます。

今まで花をつけなかった若い枝を残します。

111128_211614

↑これは 参考にした「趣味の園芸」の説明図。

冬の剪定で 古くなった枝を切り 新しい枝を出させることによって

株を若返らせることができます。

もし 冬剪定をしなければ 株が老化して

花も少なくなります。

*

すっきりとしたモッコウバラ。

誘引のためのグッズを新たに購入する必要もなくなりました。

ほんとうは これからさらに 

① 弱剪定・・・その年に伸びた枝の成長分の1/3を切る。

② 中剪定・・・すべての枝を最大限1/2までに切る。

③ 強剪定・・・すべての枝を3/2まで切り詰める。

このうち②か③のように切るそうです。

今日は時間切れで またあとで。

*

剪定シーズンで、今日は隣の県民文化会館の木も

大がかりな剪定をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いも炊き

サトイモの時期が いも炊きの季節ですね。

ことしも 毎週のように いも炊き作ってます。

大洲のいも炊きセットが美味しくて

下ごしらえもしてあって便利なので お取り寄せをしたり、

市販のいも炊きのおだしに頼っていましたが

nego先生のレッスンで いも炊きが登場!!!

やったぁ~、これで 市販のおだしに頼らなくても美味しいいも炊きが!と思っていたら

急病でレッスンをお休みしてしまいました。

でも スペシャルなレシピを送っていただきましたので

無事に 自家製いも炊きを作ることができました。

一番美味しいと思っていた大洲のいも炊きにも負けません!!

*

nego先生のレシピは お汁を飲まないタイプのいも炊きなので

お醤油の分量を減らしました。

そうすると お汁も美味しくいただける いつものいも炊きになりました。

おしょうゆは お按配を見ながら 加えるといいですね。

*

我が家流にお手軽バージョンのいも炊きです。

まずは 下ごしらえ。

サトイモ 500gは 皮つきを良く洗い ザルに上げて水をきり

皮をむき 一口大に切ったものをボウルに入れる。

この時 イモに皮がついて汚れても気にしないで そのまま。

水に濡らさないことが重要。

ボウルに塩を振りいれ ボウルごと イモをゆすって 塩を全体にまぶす。

鍋にお湯を沸かし、イモを入れて 表面が少し白っぽくなったら

水にとり よく 洗い ぬめりをとる。この時に汚れもとれるからね。

*

スライスした干しシイタケを 600ccの水で戻す。

戻し汁は おだしに加える。

こんにゃくは 塩もみして 柔らかくなったら洗い流し

一口大に切る。 これを水で 何回もよく洗って アクをとる。

(茹でない。←ガッテン)

*

鍋に だし汁 5~6カップ

    砂糖  大さじ3

    酒    大さじ1

鶏肉(唐揚げ用にカットされてるのが便利) 300gを入れて 火にかけ 

鶏肉が白くなったら サトイモ こんにゃく しいたけを入れて 10分くらい煮る。

ごぼう ニンジンもレシピにありましたが、うちは入れない。

しょうゆ 大さじ3を加え さらに 5分くらい煮る。

野菜に火が通ったら カット済みの 松山あげ 1袋

あれば カモ肉(適当)を入れる。

みりん  大さじ2を加え 30分以上煮るとおいしい。

*

できれば 午前中に作って  コンロで待機。

いただく前に 温めると 味が染みて美味しくなります。

季節でないときや 忙しいときは 冷凍サトイモでもOK.

でも めちゃ高価な冷凍さといももあるので 注意!

生と値段を比べてね。

カモ肉は 高島屋もABCもだいたい100g598円くらい。

きれいだったら 半額シールつきでも十分OK.

入れると 味が格段にアップします。

出汁は 干しシイタケの戻し汁と おかべやのおだし2パック使いました。

nego先生のオリジナルレシピから ずいぶん手抜きしましたが

とっても美味しくできました。

うちでは お汁もいただくので 仕上げに 

小口切りの青ネギをたっぷり かけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚のしょうが焼き

1か月のご無沙汰でした。sweat01

もう9月も下旬。

台風の去った後 急に肌寒くなって

何を着ようかしら??? 

*

はなまるで見たしょうが焼きのレシピ

老舗の人気メニューだそうで 試したらgood

レシピメモを無くさないうちに アップしておきます。

*

ショウガだれ  200cc分

しょうゆ  大さじ4

みりん  大さじ4

りんごジュース(100%)  大さじ4

砂糖  小さじ1

おろしショウガ  大さじ1

おろしニンニク  小さじ1/2(1/2片)

おろし玉ねぎ   大さじ2  (1/4個分)

これを鍋に入れ ひと煮立ちさせ 火を止め アクをとる。

冷蔵後で 1週間、冷凍庫で1カ月日持ちする。

ニンニクが無かったので ガーリックパウダーで代用しましたが

OKでした。

*

豚肉は 筋切りをして 小麦粉を薄くまぶす。

フライパン 中火で 30秒~1分

肉の縁の色が変わったら裏返し

弱火で 30秒

火を止め ショウガダレ大さじ4を入れる。

(肉1枚に タレ大さじ1の割合)

片栗粉 1つまみ加え

再び強火で 肉にソースをからめて できあがり。

*

これは ほんとに おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道具好きです。

好奇心の多い性格のせいか

調べすぎて くわしくなって 感心して

道具を買ってしまいます。

そういうわけで うちのキッチンには いろんな道具や

たくさんのキッチン家電がたくさんあります。

最近のささやかなヒットは

シリコンのターナー。

これがあると スパチュラが要らない。

フライパンのテフロン加工も大丈夫。

*

買い換えて良かった家電は スープリーズ。

細かく切った野菜とスープの素を入れて30分で

ポタージュができます。

以前のものは 洗うのが大変だったのですが

今度のは 半分の量しかできなくなりましたが

洗うのが格段に楽になりました。

お鍋でできるかも、とチャレンジしたこともありますが

荒熱をとってミキサーへかけるのが面倒だし

なぜか 同じ味にならない。??

30分で 加熱して 撹拌してくれるスープリーズは

とっても便利です。

*

そうそう、スイッチを入れて25分経つと

突然 ガア~~~~!!!と大きな音で

撹拌が始まります。

ちょうど忘れたころなので びっくりします。

ちょうど ホームベーカリーが 突然 捏ねる作業を始めて

音にびっくりするのと同じくらいの 「びっくり」です。

*

追記です。

↑ これは 2代目ホームベーカリーの話。

突然 バタバタっと 大きな音で捏ねていました。

今日 パンを焼いていて 3代目の音がとても静かなことに気づきました。

開発者の苦労に 拍手。shinepaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«自前のヨウ素を。